そこそこの一眼レフより最高のミラーレスのほうが面白い

IMG_3491

僕はOM-Dというオリンパスのミラーレス一眼カメラを使っています。

何か集まると撮影しているし、カメラの話もブログで書いていると、

「一眼レフはつかわないんですか?」

と聞かれることがあります。

僕が一眼レフではなくミラーレス一眼を使っている理由について書きました。

一眼レフとミラーレスの違い

一眼レフとミラーレス一眼、違いをよくわかっていないという方も多いと思うので、かんたんに説明を。

ファインダーを覗くと違いがよくわかります。

一眼レフのファインダーを覗くと、本体内部の鏡(レフ)で反射することで、レンズを通した景色を見ることができます。

レンズ➡︎レフ➡︎ファインダー➡︎目

 

一方のミラーレス一眼は、鏡を使わず、撮像素子(CCD)でデジタル化した映像を、ファインダー内の液晶モニターに写しています。

レンズ➡︎CCD➡︎ファインダー(液晶)➡︎目

 

ミラーレスは、レフ(ミラー)がない(レス)という構造上の意味なんですね。

デジタル化で鏡が必要なくなった分、大幅に本体の容積を小さくできるようなったので、一回り以上小さい、ミラーレス一眼カメラが作られるようになりました。

よく一眼レフのほうが画質がよくて、ミラーレスのほうが劣ると思っている人もいますが、「ミラーレス」というのは構造の違いだけで、それによる画質の差はありません。

そこそこの一眼レフより、最高のミラーレスを使う

20151002_211155000_iOS

ミラーレス一眼の特徴として、画質に影響する撮像素子(CCD)も小さくしたものが多いです。

ここがミラーレスは画質で劣ると言われるところですね。

確かに最高性能では、一眼レフの方が上です。

 

僕の使っているOM-Dはマイクロフォーサーズというシステムで、撮像素子のサイズは4/3インチ。

この大きさだと解像度は1600万画素程度が上限になります。

しかし、1600万画素もあればA3サイズにプリントアウトしても十分な画質を得られるので、少なくとも個人利用に関しては問題ありません。

十分な画質を得られるなら、ミラーレス一眼は小型軽量で持ち運びしやすい上に、価格も安い。

例えば僕の使っているOM-D E-M5 MarkIIと12-40mm F2.8 Proは、ミラーレス一眼の中では最高クラス。

同じくらいの値段で性能のよい一眼レフを買おうとすると、ボディ(本体)すら買えません。

そこそこの一眼レフを使うより、最高のミラーレスを使って、あとは写真の技術を磨くことに力を注ぐほうが絶対に面白い。

カメラはあくまで道具なので、必ずしも最高性能のものが必要というわけではないのです。

まとめ

現在はミラーレス一眼でも、個人が使うには十分な性能があります。

大切なのはいかにして写真を撮るか、どんな写真を撮るかです。

自分の好きなスタイルのカメラを選んで、とにかく写真を撮っていく。

その過程で一眼レフが必要になれば買えばいいのです。

そんなわけで僕は当分、OM-Dを愛用していきます!

関連記事はこちら!ご一緒にどうぞ!

オリンパス「OM-D E-M5 Mark II」で街を撮ってきました!ファインダーを覗く感覚にわくわく!
憧れのOM-D、しかも最新の「OM-D E-M5 Mark II」をゲットして調子に乗っています。先日のエントリーでは、外観のレビューと保護フィルムについて書きました。その後ストラップも装着したので、早速試し撮りをしに、東京...
オリンパス「OM-D E-M5 Mark II」が届いた!”全部入り”ミラーレス一眼の開封の儀と外観レビュー!
ついにOM-D E-M5 Mark IIが発売、そしてウチにもやってきました! 「予約購入」というのは久しぶりにやりました。 そのくらい強く欲しいと思ったものは久しぶりだったので、到着するのが本当に楽しみでした。 僕が「E...
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」購入!開封の儀と外観レビュー!
いいカメラを手にすると、相棒になるいいレンズが欲しくなる。なんて思っていたら、またマップカメラさんからそこそこ大きな箱が届きました。やっぱりOM-D E-M5 Mark IIの相棒はこれしかないと思うんだ。F2.8通しの標準...
コンサートホールで写真撮影するときに気をつけたいこと
僕の友人や知人が多く所属する吹奏楽団、ハーツ・ウインズさんから依頼を受けて、初めてカメラマンとして演奏会にフル参加してきました。身内からの依頼とはいえ、写真撮影の仕事は初めて。緊張しつつも、これまで学んできたカメラワークを総動員...

コメント

タイトルとURLをコピーしました