水が染み込むようになった傘を復活させる方法

長い雨の季節がやってきました。

くせ毛の私は少しでも濡れるのを軽減したいので、傘は必須アイテムです。

不意な雨でも対応できるように、軽量の折り畳み傘を、通勤バッグの中に忍ばせています。

しかし、最近この折り畳み傘がちょっと調子が悪いのです。

なんかシミができて、雨漏りしてきたり・・・

傘って古くなると、だんだん水を吸い込むようになってきたりしませんか?(ビニール傘は、別ですよ)

でもこの水が染み込むようになってしまった傘を、家にあるものでかんたんに復活させることができるんです!

紹介しましょう。

防水スプレーは長持ちしないし高価

最初は、防水スプレーを試してみました。

確かに撥水効果は復活するんですが、それほど長続きしません。

それに防水スプレーは結構高価なので、面積の広い傘にはできれば使いたくない・・・。

そもそも、布製の傘が水を弾いているのは、ちょっと不思議ですよね?

布製の傘はフッ素などで撥水加工をしていて、布に染み込まずに水を弾くようになっています。(詳しく知りたい方はググってください)

この効果がだんだんと落ちてきていることが原因で、水が染みこむようになっていきているのです。

繰り返し使ったり、擦れや汚れが原因で、少しずつ低下してしまうのは仕方ないみたいです。

ドライヤーを当てるだけで撥水効果が復活!

家にある身近なもので、傘自身の持っている撥水効果を「少しだけ」復活させる方法があるんです。

その方法とは、ドライヤーで熱を加えるというもの。

実際にやってみました。

IMG_4180

少し濡らしてからドライヤーを丁寧に当てます。

ゆっくり・しっかりと熱を加えてあげるのがポイントです。

終わったら、霧吹きで多めに水を吹きかけてみて、効果を確認してみます。

IMG_4183

おー、なかなかいい感じの弾きっぷりですが、生地が折れるところが、まだシミっぽくなってます。

もう少し頑張ってみました。

IMG_4185

これくらい弾いとけばいいかな?というくらいになりました。

ただドライヤーを当てるだけで、これだけ弾くようになったらいいですよね。

この後、傘が傾いて水滴が一気に落ちて、床が濡れました・・・・・・orz

まとめ:熱を加えるのがポイント!

傘の生地に「熱を加える」ことでフッ素の撥水効果が復活するという仕組みなので、アイロンでも同じ効果を得られます。

アイロンの場合は、化繊に使えるくらいの温度で、かるくかけると良いみたいです。

完全には元通りというのは難しいようですが、お気に入りの傘は少しでも長持ちさせたいですよね!

みなさんもぜひ試してみてください。

関連記事はこちら!ご一緒にどうぞ!

お気に入りの傘を盗られたことから学んだこと
今日、お気に入りの傘を盗られました。特に高級な傘というわけでもなかったのですが、とても気に入っていた長傘でした。金額の問題ではないのです。この事実をどう受け止めたら、学びを得られるだろうと考えてみました。(写真はいつも使...
ビニール傘を買うのはモッタイナイ!軽くて小さな折りたたみ傘を持ち歩こう!
先日、午後から雨が降ることを知っていたのですが、いつも持ち歩いている折りたたみ傘を家に忘れてしまいました。「家を出るときは晴れていたのに・・・」ということはよくありますよね。会社から駅までは地下道を通りましたが、雨足が強かったので、...
大江戸線~台風や大雪でも遅れたり止まったりしない最強の路線
現在、台風18号が接近しています。(2014/10/5 執筆当時) このまま行けば、久しぶりに関東に台風が直撃するコースです。 明日の午前中が台風のピークと見られていて、通勤時間帯はすでに台風の影響が強まっていそ...
移動時間を「移動するだけ」に使うのはもったいない!通勤経路の選び方と移動時間の使い方
通勤時間は短い方がいい。それはお金よりも時間の方が貴重だと考えているから。都心に住んでいるのも、色々なところに行くのに時間が短くて済むからで、少し家賃が高くても十分にメリットがあると考えているからです。移動中、何をしていますか...

コメント

Copied title and URL